トピックス

ホーム > トピックス一覧 > 詳細

トピックス詳細

ブログ

2019.10.27

【ブログ第9回】何時間眠ればいいの??

皆様こんにちは。最近やっと涼しくなってきましたね。
台風による気圧の変化や、日中の気温の変化で10月は過ごしづらい日々が続いておりました。最近すこし落ち着いたように感じますが、皆様ご自愛くださいね。
 
今回は当院でもお悩みの方が多い、睡眠に関してのお話です。
皆様は毎日何時間眠ってらっしゃいますか?
 
現在の日本人の平均睡眠時間は7時間30分程度と言われています。必要な睡眠時間は人それぞれで、ショートスリーパーと呼ばれる5時間程度の睡眠で日常生活に支障の出ない方もいれば、10時間以上眠らないと夕方まで体力がもたない方まで、かなり個人差があります。
 
日本では8時間睡眠を目標にする人が多いのですが、平均すると8時間ぐっすり眠れるのはせいぜい10代〜20代までで、その後は年々必要な睡眠時間が減っていきます。60代では6時間半ほどになり、80代になると平均睡眠時間は6時間を切るそうです。そのため、高齢の方では夜10時すぎに布団に入って朝5時前に目を覚ます方が多いのですがこれは自然のことなのです。
 
朝早く目がさめてしまうと、あまり眠れてないなぁ、、、と感じられる方も多いかと思います。ですが、睡眠は量より質を高めることに考えを切り替え、今の自分にあった睡眠をとっていくことが大切です!
 
睡眠不足は日中の眠気だけでなく、生活習慣病の悪化や記憶力の低下も招きます。ただし、上でもお伝えした通り「何時間以上眠るのが良い」という万人に通じる答えはありません。その人の、その年齢なりの睡眠時間が確保できていれば問題ありません。
 
ただ、「最近全然寝つけない…」「毎日、夜中に目が覚めてしまう…」「睡眠不足のせいで日中の行動に支障が出ている…」など、急に睡眠に関しての問題が出てきた方、もしくは夜眠れないことが原因で日中の行動に支障が出ている方は不眠症の疑いがあります。
不安なこと、お困りのことがあれば一度医師にご相談くださいね!